高級感 ブリーフケース42cm 【選べるノベルティ大好評】【薄マチ】サフィアーノレザー TRION ドキュメントケース【B4】【通勤】【父の日】【店頭受取対応商品】 SS113 トライオン-ビジネスバッグ・ブリーフケース






□ブランドTRION(トライオン)
□シリーズドキュメントシリーズ
□素材牛革(サフィアーノレザー)
□サイズ約W42×H30×D5cm
□重さ約820g
□生産国フィリピン(トライオン自社工場)
□対応サイズB4用紙
□外ポケット ・ジッパーポケット×1
□内ポケット ・オープンポケット×2
・ジッパーポケット×1
・ペンホルダー×1
□本体カラー ・Navy
・Brandy
・Khaki
About Item
繊細な曲線で設計された、薄マチモデル

柔軟な革質が生み出す、美しい曲線が特徴のドキュメントケース。曲線にデザイニングされた持ち手やボディのかたちは、持った時にしっくりと馴染み、やわらかい印象を与えます。

B4用紙まで収まるサイズで、A4サイズの大きめファイルや15inchのPCも入れることができます。Documentシリーズの中で最もスタンダードなモデル「SA113」を、高級感のあるサフィアーノレザーで仕上げました。サフィアーノレザーは細かな型押し加工を施すことで、革質が堅く仕上がるため、型くずれしにくいという特徴があります。前面のジッパーポケットの両端には切り込みが入れられており、ジッパーが開閉しやすい仕様となっています。2018秋冬はNavy/Brandy/Khakiが登場。
サフィアーノレザー(Saffiano Leather)
ラグジュアリー感のある大人顔レザー
アドバンスグラブレザーに細かい筋模様を型押しした、品格のある雰囲気の革です。型押し加工をすることで革の繊維が引き締まり、型崩れしにくくなるのが特徴です。
ATTENTION
天然皮革のため、元々の皮にあるシワや傷、シミ等はどうしても避けられません。余計な加工をしていない証でもあり革本来の風合いを感じて頂けます。発送前には1つ1つ検品を行っております。多少の傷やシミ等は良品と判断しておりますのでご了解頂きますようお願いいたします。天然皮革は使い込むほどに馴染んで味わい深いものになります。どうぞ経年変化もお楽しみください。
また、現在の染色技術では、天然皮革の多少の色落ちは避けられません。出来るだけ自然のままの素材を使用したいと考えていますので、商品によっては多少の色むらや傷などが出ているものもありますが、不良品ではございませんのであらかじめご了承願います。
お色について
商品の画像はできる限り現物に近い色になるよう撮影しておりますが、お使いのモニターやブラウザのカラー設定により誤差が生じてしまう場合がございます。予めご了承ください。


 

 


記事全文

高級感 ブリーフケース42cm 【選べるノベルティ大好評】【薄マチ】サフィアーノレザー TRION ドキュメントケース【B4】【通勤】【父の日】【店頭受取対応商品】 SS113 トライオン-ビジネスバッグ・ブリーフケース

優れたユーザーエクスペリエンス(UX)を提供して支持を得るには、リサーチが欠かせません。

レイバン サングラス 国内正規品 エリカ Ray-Ban レディース フルフィット(アジアンフィット) ERIKA RB4171F 622/8G 54 【ラウンド型】 RAYBAN UVカット。[さらに詳しく

高級感 ブリーフケース42cm 【選べるノベルティ大好評】【薄マチ】サフィアーノレザー TRION ドキュメントケース【B4】【通勤】【父の日】【店頭受取対応商品】 SS113 トライオン-ビジネスバッグ・ブリーフケース

ヘイズアメリカ Heys America バッグ 鞄 キャリーバッグ スーツケース Revolver Expandable 21" Spinner - Pewter記事全文

高級感 ブリーフケース42cm 【選べるノベルティ大好評】【薄マチ】サフィアーノレザー TRION ドキュメントケース【B4】【通勤】【父の日】【店頭受取対応商品】 SS113 トライオン-ビジネスバッグ・ブリーフケース

Webサイトは、訪問者を顧客に変えるため、信頼を確立し、信用に足るものだと示す必要がある。その、ユーザーがWebで信頼性を判断する方法は、デザインのトレンドが変化しようともずっと変わっていない。 (8月3日) [記事全文

高級感 ブリーフケース42cm 【選べるノベルティ大好評】【薄マチ】サフィアーノレザー TRION ドキュメントケース【B4】【通勤】【父の日】【店頭受取対応商品】 SS113 トライオン-ビジネスバッグ・ブリーフケース

「HCDベストプラクティスアウォード2016」の最終審査会と表彰式が行われた。その時に疑問に思ったのは、そもそもUCDやHCDについて、最優秀賞とか優秀賞とか、順位づけをすることに意味があるのだろうか、という点である。 (7月14日) [記事全文