【在庫限り】 【送料無料】【あす楽】【第3類医薬品】コサジン・ガーグル「TY」500ml(10個セット)-第三類医薬品


※商品リニューアル等に伴い、パッケージ・内容等が掲載の内容と一部異なる場合があります。
※商品は通常4~6営業日以内に出荷します。在庫状況により出荷が遅れる場合があります。
予めご了承下さい。
商品説明
ポピドンヨードのうがい薬
のどの殺菌 消毒・口臭除去に
使用上の注意
してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
次の人は使用しないこと
(1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人

相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(2)次の症状のある人 口内のひどいただれ
(3)次の診断を受けた人 甲状腺機能障害
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
関係部位・・・症状
皮膚・・・発疹・発赤、かゆみ
口・・・あれ、しみる、灼熱感、刺激感
消化器・・・吐き気
その他・・・不快感
まれに下記の重篤な症状が起こることがある。
その場合は直ちに医師の診療を受けること
症状の名称・・・症状
ショック(アナフィラキシー)・・・使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる
3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
成分・分量
本品100mL中
成分・・・分量
ポビドンヨード(有効ヨウ素 0.7g)・・・7g
添加物:ヨウ化K、l-メントール、ユーカリ油、エタノール、プロピレングリコール、グリセリン

成分・分量に関する注意
本剤の使用により、銀を含有する歯科材料(義歯等)が変色することがある
規格
500mL
効能・効果
口腔内及びのどの殺菌・消毒・洗浄、口臭の除去
用法・用量
1回、本剤2~4mLを水約60mLに薄めて1日数回うがいする。
用法・用量に関する注意
(1)定められた用法・用量を守ること
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること
(3)本剤はうがいのみに使用し、内服用としては使用しないこと
(4)本剤は使用するときのみ希釈し、うすめた液は、早めに使用すること
保管及び取扱い上の注意
(1)小児の手の届かない所に保管すること
(2)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に立てて保管すること
(3)誤用をさけ、品質を保持するため、他の容器に入れかえないこと
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないこと
(5)使用中に薬液がこぼれ衣服等が着色したら、すぐに水洗し、落ちにくい場合は、チオ硫酸ナトリウム(ハイポ)の液で洗うこと
その他の記載事項
◆容器の使い方◆
ポンプのストッパー(青色)を手前に引いて取りはずすとポンプが使用可能の状態になります。数回空押しをしてポンプ内に液がたまると、1回に1mL薬液がでるようになります。一度はずしたストッパーは再使用しないでください。

◆使いやすいポンプ式◆
1押し1mL 一般に使われている(180mL)に薬剤を2~4mL(2~4回押す)入れて、水(60mL:約1/3)でうすめます。その液でうがいをしてください。
問い合わせ先
大洋製薬お客様相談窓口
電話番号・・・0120-184328
電話受付時間・・・午前10時~午後5時(土・日曜、祝祭日は除く)
添付文書作成・改訂年月日・・・2012年1月
添付文書版番号・・・D12-FL
改訂内容・・・記載要領変更に伴う改訂
製造販売元企業名
東京都文京区本郷3‐14‐16
大洋製薬株式会社
文責者の氏名と資格種類
ウエルシア薬局(株) 048-264-1004
薬剤師
石原 純
商品区分 第3類医薬品
医薬品の使用期限
当店では使用期限まで90日以上ある医薬品のみを配送いたします。


医薬品販売に関する記載事項

記事全文

【在庫限り】 【送料無料】【あす楽】【第3類医薬品】コサジン・ガーグル「TY」500ml(10個セット)-第三類医薬品

Webサイトは、訪問者を顧客に変えるため、信頼を確立し、信用に足るものだと示す必要がある。その、ユーザーがWebで信頼性を判断する方法は、デザインのトレンドが変化しようともずっと変わっていない。 (8月3日) [記事全文

【在庫限り】 【送料無料】【あす楽】【第3類医薬品】コサジン・ガーグル「TY」500ml(10個セット)-第三類医薬品

「HCDベストプラクティスアウォード2016」の最終審査会と表彰式が行われた。その時に疑問に思ったのは、そもそもUCDやHCDについて、最優秀賞とか優秀賞とか、順位づけをすることに意味があるのだろうか、という点である。 (7月14日) [記事全文