最適な材料 「T60」 [宅配便・送料無料] 【第(2)類医薬品】三快錠(500錠)×5個-指定第二類医薬品






詳細情報
商品詳細●7種類の生薬で作られた、植物性の便秘薬です。

●お通じの具合によって、のむ錠数を細かく調節できます。

●ボタンピ、ケイヒ、ウイキョウ配合により、便秘にともなう、吹出物に効果があります。

●小さくてのみやすい、かっ色の錠剤です。
効能 効果・便秘
・便秘に伴う症状の緩和:のぼせ、肌あれ、吹出物、頭重、食欲不振(食欲減退)、腹部膨満、腸内異常酵、痔
用法 用量・下記の1回服用量を、いずれも1日2回を限度とし、なるべく空腹時に服用します。服用間隔は4時間以上おいてください。ただし初回は、最小量を用い、便通の具合や状態をみながら少しずつ増量又は減量します。
大人(15才以上)・・・1回6~12錠
11~14才・・・1回4~8錠
7~10才・・・1回3~6錠
5~6才・・・1回2~4錠
5才未満・・・服用しないでください。

★用法・用量に関連する注意
・定められた用法・用量を厳守してください。
・小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
成分(12錠中)
ダイオウ末・・・300mg
アロエ末・・・150mg
センナ末・・・300mg
ケンゴシ末・・・75mg
ボタンピ末・・・130mg
ケイヒ末・・・25mg
ウイキョウ末・・・25mg
添加物:、リン酸水素Ca、メタケイ酸アルミン酸Mg、CMC-Ca、セルロース、バレイショデンプン、CMC、ケイ酸Al、ヒドロキシプロピルセルロース、ハッカ油、ステアリン酸Mg、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール、ジメチルポリシロキサン、二酸化ケイ素、カラメル、三二酸化鉄、青色1号
注意事項★使用上の注意
<してはいけないこと>
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。)
・本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないでください。
他の瀉下薬(下剤)
・授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください。
・大量に服用しないでください。
<相談すること>
・次の人は服用前に医師又は薬剤師にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)本人又は家族がアレルギー体質の人
(4)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
(5)次の症状のある人
はげしい腹痛、悪心・嘔吐
・次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください。
(1)服用後、次の症状があらわれた場合
(関係部位:症状)
皮ふ:発疹・発赤、かゆみ
消化器:はげしい腹痛、悪心・嘔吐
(2)1週間位服用しても症状がよくならない場合
・次の症状があらわれることがありますので、このような症状の継続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師又は薬剤師にご相談ください。

★保管及び取扱い上の注意
・直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
・小児の手の届かない所に保管してください。
・他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
・使用期限をすぎた製品は、服用しないでください。
(Sankaijo)
商品区分 指定第二類医薬品
製造販売元佐藤製薬
広告文責株式会社福田薬局 薬剤師:福田晃

商品のお問合せ本剤について、何かお気付きの点がございましたら、
福薬本舗(ふくやくほんぽ)又は下記までご連絡お願いします。
●製造販売/販売会社
佐藤製薬
107-0051 東京都港区元赤坂1-5-27AHCビル
03-5412-7393
受付時間:午前9:00-午後5:00 / (土・日・祝日・年末年始を除く)
救済制度のご相談●医薬品副作用救済制度
独立行政法人医薬品医療機器総合機構
〒100-0013東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル
フリーダイヤル 0120-149-931
受付時間:午前9:00-午後5:00 / (土・日・祝日・年末年始を除く)
記事全文

最適な材料 「T60」 [宅配便・送料無料] 【第(2)類医薬品】三快錠(500錠)×5個-指定第二類医薬品

Webサイトは、訪問者を顧客に変えるため、信頼を確立し、信用に足るものだと示す必要がある。その、ユーザーがWebで信頼性を判断する方法は、デザインのトレンドが変化しようともずっと変わっていない。 (8月3日) [記事全文

最適な材料 「T60」 [宅配便・送料無料] 【第(2)類医薬品】三快錠(500錠)×5個-指定第二類医薬品

「HCDベストプラクティスアウォード2016」の最終審査会と表彰式が行われた。その時に疑問に思ったのは、そもそもUCDやHCDについて、最優秀賞とか優秀賞とか、順位づけをすることに意味があるのだろうか、という点である。 (7月14日) [記事全文