【大注目】 DITTO t.c.electronic JAM ルーパー[TCエレクトロニック][Effector,エフェクター] 新品 X2-エフェクター





マスターオブスニぺット
革命的とも言えるDITTO JAM X2 LOOPERは商標登録済みの
BeatSense技術という最先端技術を採用しています。
あなたが録音したループがバッキングトラックに自動同期する、
初のテンポ自動追跡ルーパー・ペダルです。
Stop Footswitch,無制限の多重録音、Loop Levelノブ、
今も尚人気のあるのDITTOサウンドクオリティを提供。
どんなジャンルでもこのDITTO JAM X2ならあなたの
パフォーマンスを常にバックアップしてくれます。

BeatSense
クリックと同期の必要がなくリアルタイムループが可能。
バンドサウンドがテンポチェンジを行うと、
ルーパーサウンドがテンポに自動で追従します。
またクリップ付き外部マイクロフォン付属、
DITTO JAM X2はセッションから流れるリズムビートを
自動認識し同期を行います。
DITTO JAM X2は自動的に数ミリ秒の単位で
タイムストレッチを調整してセッションとマッチすることが可能。
-常に最高のパフォーマンスを演出していただけます。

最高の練習ツール
DITTO JAM X2は最高の練習ツールとしても提供できるルーパーです。
 ループを録音し、更にタップテンポ入力で
BPM調整が可能な機能が搭載。
シンプルにループをセットし、あなたのプレイに合わせて
テンポを追跡、アイディアが溢れる練習が可能です。
もちろん、DITTO JAM X2 LOOPERは過去のシリーズに搭載された
Looper機能も継承しているので、
過去の名機を愛用している方にもご使用して頂けます。

あなたもLooperマスターに
トグル・スイッチで録音→重ね録り→音の出力、
録音→音の出力→重ね録りの二つの方法を切り替えます。
この機能により、あなたが求めるLoopサウンドを
自由に造り上げることが可能です、
これを使いこなせばあなたもLooperマスターになるでしょう!

アイディアが溢れるペダル
余分なペダルやアクセサリーなどを省き
シンプルにペダルを配列し、あなたが考える
音楽のインスピレーションを表現してみてください。
Foot switchはループを
コントロールし、あなたのプレイをサポート、
よりグルーヴィーなプレイをサ
ポートします。DITTO JAM X2はバンド内でビートを創るドラマーや
ベーシストと共にこの機能を活かせば
数多くのアイディアが溢れるペダルです。

世界中のギタリストが必要とする機能を搭載
ベストセラーセラー製品DITTOシリーズは直観的な
操作で簡単にループが創れることで
評価を得ております、その一方で他社にはない革新性を提供。
非常にシンプルな設計、他社よりも優れた
True Bypass、Analog Dry-Through、
signal integrity、そしてオーバーダブなど
世界中のギタリストが必要とする機能を搭載。
DITTO JAM X2はあなたのプレイを向上させます。
最大限のパフォーマンスを実現するためにあなたが造った
ループがバンドのタイミングに合わせてくれます。

ライブミュージシャンに
DITTO JAM X2はループをDAWに転送、または
お好みのループをペダルに転送して
バックトラックとして使用、
またそれをライブに持ち込むことも可能です。
ライブミュージシャンにとって大変便利でコンパクトなペダルです。

お問い合わせフリーダイヤル:0120-37-9630


記事全文

【大注目】 DITTO t.c.electronic JAM ルーパー[TCエレクトロニック][Effector,エフェクター] 新品 X2-エフェクター

優れたユーザーエクスペリエンス(UX)を提供して支持を得るには、リサーチが欠かせません。

モンチュラ(MONTURA) FREE K LIGHT -5cm PANTS MPLF20W 36 ウィメンズ ロングパンツ (Lady's)。[さらに詳しく

【大注目】 DITTO t.c.electronic JAM ルーパー[TCエレクトロニック][Effector,エフェクター] 新品 X2-エフェクター

Webサイトは、訪問者を顧客に変えるため、信頼を確立し、信用に足るものだと示す必要がある。その、ユーザーがWebで信頼性を判断する方法は、デザインのトレンドが変化しようともずっと変わっていない。 (8月3日) [記事全文

【大注目】 DITTO t.c.electronic JAM ルーパー[TCエレクトロニック][Effector,エフェクター] 新品 X2-エフェクター

「HCDベストプラクティスアウォード2016」の最終審査会と表彰式が行われた。その時に疑問に思ったのは、そもそもUCDやHCDについて、最優秀賞とか優秀賞とか、順位づけをすることに意味があるのだろうか、という点である。 (7月14日) [記事全文