新規購入 SS300カーボン ビームス アップタイプ B215-08-003》 《ビームスモーターカンパニー BA-DG11J XT250X フルエキ-マフラー



4ストフルエキゾーストメーカー ビームスモーターカンパニー
商品名 ビームス SS300カーボン アップタイプ フルエキ XT250X BA-DG11Jカタログ品番 P038-8528メーカー 品番B215-08-003
JANコード4582285323297定価(税抜)\42,000
□取寄
適応車両 XT250X BA-DG11J -07

適合 に関しての確認事項*スタンダードバッフル(装着済み)*ガスケット(一部を除く)*BEAMSアルミ製エンブレム*取り付け金具一式*取り扱い説明書

商品説明・取扱注意事項
●EXパイ SUS304ステンレスポリッシュ仕上げ
●音量・83db以下(STDバッフル装着時)・89db以下(オプションのセミレーシングバッフル装着時)・92db以下(バッフル非装着時)・センタースタンド可・フィラーキャップ可・ドレンボルト可◎付属品・スタンダード(STD)バッフル(装着済み)・ガスケット(一部を除く)・BEAMSアルミ製エンブレム・取り付け金具一式・取り扱い説明書※ダウンタイプをご使用の際は、路面との接触を防止するため強化サスペンション等の装着をお勧めします。◎音量・83db以下 STDバッフル装着時)保安基準音量

適合 ・89db以下 セミレーシングバッフル装着時)保安基準音量

適合 (オプション)・92db以下 バッフル非装着時)保安基準音量

適合 ※公道走行時は必ずバッフルを装着してください。バッフル非装着時で走行の際、ご使用状況やご使用期間または音量計測条件により、保安基準音量

適合 外になる恐れがあります。※上記の音量は車種により若干異なる場合があります。商品概要等◎SS300独自の隔壁構造により、心地よいサウンドと静粛性、また高速域を犠牲にせず扱いやすい中低速トルクという相反する条件を見事に両立いたしました。取り付けには追加工を一切必要とせず、スタンダード感覚の利便性と耐久性を徹底的に追及することにより、気軽にカスタムをお楽しみいただけます。また、装着済みのスタンダードバッフルのほかオプションのセミレーシングバッフルに交換するだけで音量や出力特性も3段階で調整が可能となっております。◎新基準採用スチールウールには耐熱800℃を誇るリバーライトを採用。さらにグラスウールには新世代消音材ADテックスを採用。結果、従来品に比べ耐久性が飛躍的に向上しました。タイプアップタイプ素材エキパイ:ステンレスポリッシュ/サイレンサーカバー:カーボン音量83.0dbフィルタ外し-ドレン○Cスタンド○
備考 ご注文時に装着される車両の型式をお知らせ下さい。型式 BA-DG11J
●適用車種ヤマハ[YAMAHA]XT250X(BA-DG11J)
●カテゴリフルエキゾースト--- (カスタムパーツ)
メーカー 品番カタログ品番 ]B215-08-003材質[素材]エキパイ:ステンレスポリッシュ/サイレンサーカバー:カーボン

適合 型式:BA-DG11Jタイプフルエキゾースト付属品スタンダード(STD)バッフル(装着済み)、セミレーシングバッフル、ガスケット、BEAMSアルミ製エンブレム、取付金具一式、取り扱い説明書音量[デシベル]83.0(db)ドレンボルト○オイルフィルター-センタースタンド○アンダーカウル-

※号機番号と適応車種を必ずご確認のうえ、ご注文くださいますようお願いいたします。
ご不明点等は、ご注文前にお問合せください。
※掲載商品と実際の商品との色合いが異なる場合がございます。ご了承の程、宜しくお願いします。
※商品は予告なく仕様の変更や販売を終了している場合がございますので予めご了承下さい。
※レース専用パーツを装着しての一般公道走行は禁止されています。

記事全文

新規購入 SS300カーボン ビームス アップタイプ B215-08-003》 《ビームスモーターカンパニー BA-DG11J XT250X フルエキ-マフラー

Webサイトは、訪問者を顧客に変えるため、信頼を確立し、信用に足るものだと示す必要がある。その、ユーザーがWebで信頼性を判断する方法は、デザインのトレンドが変化しようともずっと変わっていない。 (8月3日) [記事全文

新規購入 SS300カーボン ビームス アップタイプ B215-08-003》 《ビームスモーターカンパニー BA-DG11J XT250X フルエキ-マフラー

「HCDベストプラクティスアウォード2016」の最終審査会と表彰式が行われた。その時に疑問に思ったのは、そもそもUCDやHCDについて、最優秀賞とか優秀賞とか、順位づけをすることに意味があるのだろうか、という点である。 (7月14日) [記事全文