【高額売筋】 ゲイルスピード 【メーカー在庫あり】 GALE HD店 28271014 ZX-14R黒 03年-15年 350-17 TYPE-C フロントホイール SPEED-ホイール





ゲイルスピード GALE SPEED フロントホイール
03年-04年 カワサキ Ninja ZX-6R
05年-06年 カワサキ Ninja ZX-6R
07年-08年 カワサキ Ninja ZX-6R
09年-12年 カワサキ Ninja ZX-6R
13年-16年 カワサキ Ninja ZX-6R
13年-16年 カワサキ Ninja ZX-6R
06年-07年 カワサキ Ninja ZX-10R
08年-09年 カワサキ Ninja ZX-10R
11年-15年 カワサキ Ninja ZX-10R
06年-07年 カワサキ ZZR1400
06年-07年 カワサキ ZZR1400 ABS
08年-11年 カワサキ ZZR1400
08年-11年 カワサキ ZZR1400 ABS
12年-15年 カワサキ Ninja ZX-14R
12年-15年 カワサキ Ninja ZX-14R ABS

フロント用
サイズ:350-17
カラー:ブラックメタリック
タイプ:TYPE-C
材質:アルミニウム(鍛造)
【鍛造方法】
鍛造材は強度があり、その分大幅な切削加工が可能です。細身のスポークや肉薄のリムなど鍛造ホイール独特の形状はここからきています。ゲイルスピードは熱間鍛造法により、8,000tもの高圧で鍛えられ、鋳造品ではなしえなかった軽量ホイールに仕上がっています。
十分に強度のあるリムを5本スポークによって支えるベーシックモデル。
軽量ホイールとしての性能・耐久性のバランスに優れる。
十分に強度のあるリムをT字断面5本スポークによって支えるベーシックモデル。
装着には別売りの専用スプロケットが必要です。(ノーマルスプロケットは使用できません)
イールの交換はインチダウンを含めて、操縦安定性・制動特性が変化します。ご自身の体が変化に慣れるまでは十分にご注意ください。
メーター補正にはアクティブ製デジタルモニターをおすすめします。
※車種によっては取付に別途パーツが必要な場合があります。
【ゲイルスピード歴史・特徴】
マグネシウム鋳造=高価格のイメージが主流で、ストリートで使用するには敷居の高いパーツでした。
そこで性能はもちろんのこと、デザインと価格帯に着目し既に四輪レースでは主流だったアルミ鍛造ホイールをヒントに、ストリートユースでも入手しやすいカスタムホイールを定着させ、後には「世界で通用するレーシングホイール」を造り上げることをコンセプトに掲げ、ゲイルスピードの開発はスタートしました。
まずはホイールに求められる十分な強度と耐久性、軽量化をアルミニウム鍛造によって可能とし、価格面、デザイン性、ポリッシュ仕上げも加えた豊富なカラーバリエーションをリリース。
単にホイール重量を減らすだけでなく、運動性能を考慮した重量配分と剛性をバランスよく両立させ、様々な課題をクリアしたホイールを実現しました。
ゲイルスピードホイールは発進、制動、加減速、旋回、燃費などといったオートバイの挙動に多くのメリットをもたらします。オートバイのすべての動きがスムーズになりこれまでの愛車とは思えないほどの変化をあなたに感じさせることでしょう。
ゲイルスピードの立ち上げから10年、タイヤの進化に伴い、より高剛性でより軽量なホイールが求められる中ゲイルスピードは鍛造ホイールをホイールカスタムの主軸へと成長させました。

28271014
HD店 [記事全文

【高額売筋】 ゲイルスピード 【メーカー在庫あり】 GALE HD店 28271014 ZX-14R黒 03年-15年 350-17 TYPE-C フロントホイール SPEED-ホイール

優れたユーザーエクスペリエンス(UX)を提供して支持を得るには、リサーチが欠かせません。

カーボニー CBR600RR CBR600RR 07-08年用 カーボン フレームカバー 平織り ツヤ有り。[さらに詳しく

【高額売筋】 ゲイルスピード 【メーカー在庫あり】 GALE HD店 28271014 ZX-14R黒 03年-15年 350-17 TYPE-C フロントホイール SPEED-ホイール

Webサイトは、訪問者を顧客に変えるため、信頼を確立し、信用に足るものだと示す必要がある。その、ユーザーがWebで信頼性を判断する方法は、デザインのトレンドが変化しようともずっと変わっていない。 (8月3日) [記事全文

【高額売筋】 ゲイルスピード 【メーカー在庫あり】 GALE HD店 28271014 ZX-14R黒 03年-15年 350-17 TYPE-C フロントホイール SPEED-ホイール

「HCDベストプラクティスアウォード2016」の最終審査会と表彰式が行われた。その時に疑問に思ったのは、そもそもUCDやHCDについて、最優秀賞とか優秀賞とか、順位づけをすることに意味があるのだろうか、という点である。 (7月14日) [記事全文