【国際ブランド】 ネットワークカメラシステム パナソニック [アイプロシリーズ] (wv-sw397nj) WV-SW397NJ 屋外用PTZタイプネットワークカメラ(親水コート)-防犯カメラ単体


商品仕様
●電源:AC24 V、 PoE+(IEEE802.3at準拠)、または指定PoE給電装置(インジェクター)
●消費電力:
AC24 V : 3.5 A/約55 W
指定PoE給電装置(インジェクター : 60 W) DC54 V : 約1.0 A/約50 W
PoE+ DC 54 V :470 mA/約25 W(クラス4機器)
●使用温度範囲:
-50 ℃ ~ +55 ℃(AC24 V/指定PoE給電装置(インジェクター)使用時)※1
-30 ℃ ~ +55 ℃(PoE+給電装置使用時)
(起動時 : -30 ℃~+55 ℃(AC24 V/PoE+給電装置/指定PoE給電装置(インジェクター)使用時))
●使用湿度範囲:90 %以下(結露しないこと)
●保存温度/湿度範囲:-50 ℃ ~ +70 ℃/95 %以下(結露しないこと)
●モニター出力(調整用):VBS : 1.0 V[p-p]/75 Ω、コンポジット信号、(BNCプラグ)
●外部I/O端子:
アラーム入力1/白黒切換入力、アラーム入力2/アラーム出力
アラーム入力3/AUX出力 各1端子
(各端子のアラーム入力は、白黒切換入力、アラーム出力、またはAUX出力と切り換えて使用することが可能)
●マイク/ライン入力:φ3.5 mmモノラルミニジャック 入力インピーダンス : 約2 kΩ 不平衡
・マイク入力時:
使用可能マイク : プラグインパワー方式 供給電圧 : 2.5 V±0.5 V
マイク入力感度 : -48 dB±3 dB(0 dB=1 V/Pa、1 kHz)
・ライン入力時:入力レベル :約 -10 dBV
●オーディオ出力:
φ3.5 mmステレオミニジャック(モノラル出力)出力インピーダンス : 約600 Ω 不平衡
アンプ内蔵の外部スピーカーを使用  出力レベル : -20 dBV
●防水性※2:防塵・防水性能 JIS C 0920 保護等級 IP66(IEC60529)準拠
●耐衝撃性:20J(IEC60068-2-75) / IK10(IEC 62262)準拠 ※断続的に振動が発生する場所への設置はできません。
●ヒーター:内部温度 10 ℃以下で動作 ※カメラの設置、起動は-30 ℃以上で実施
●寸法:(直径)φ229 mm ×( 高さ)357 mm ×( ドーム径)160 mm
●質量:本体 : 約4.4 kg
●仕上げ
本体 : アルミダイカスト メラミン焼付塗装(塗装色 : ナチュラルシルバー)
サンシールド※3 : ASA樹脂 塗装(塗装色 : ナチュラルシルバー)
ドームカバー部 : 透明ポリカーボネート樹脂(親水コート)
※1 低温環境下ではカメラの内部温度を-10 ℃以上に保つため本機のヒーターで内部
を暖めておりますので常時通電状態で使用してください。また、カメラの設置、
起動は-30 ℃以上で行ってください。
※2 取扱説明書にしたがい設置工事が正しく行われ、かつ適切な防水処理が行われた場合のみ。
※3 サンシールドは、取り外しできません。
特長
●現行品(WV-SW396AJ/SW396J/SC386)から、解像度以外の各種機能を大幅アップ。
●HD画質を維持したEXズームは最大45倍まで(16:9)
●ドームレス機構による高画質化と上方視野角を拡大した広角監視(SC387のみ)
●チルト停止時の画揺れ低減
●親水コートモデルをラインアップ(SW397Jのみ
記事全文

【国際ブランド】 ネットワークカメラシステム パナソニック [アイプロシリーズ] (wv-sw397nj) WV-SW397NJ 屋外用PTZタイプネットワークカメラ(親水コート)-防犯カメラ単体

【まとめ買い】【新登場!安心の日本製!仏事に!販売しやすい価格帯 念珠・女性用】新紫水晶 人絹房 【5点】iyo『FS』記事全文

【国際ブランド】 ネットワークカメラシステム パナソニック [アイプロシリーズ] (wv-sw397nj) WV-SW397NJ 屋外用PTZタイプネットワークカメラ(親水コート)-防犯カメラ単体

Webサイトは、訪問者を顧客に変えるため、信頼を確立し、信用に足るものだと示す必要がある。その、ユーザーがWebで信頼性を判断する方法は、デザインのトレンドが変化しようともずっと変わっていない。 (8月3日) [記事全文

【国際ブランド】 ネットワークカメラシステム パナソニック [アイプロシリーズ] (wv-sw397nj) WV-SW397NJ 屋外用PTZタイプネットワークカメラ(親水コート)-防犯カメラ単体

「HCDベストプラクティスアウォード2016」の最終審査会と表彰式が行われた。その時に疑問に思ったのは、そもそもUCDやHCDについて、最優秀賞とか優秀賞とか、順位づけをすることに意味があるのだろうか、という点である。 (7月14日) [記事全文