【50%OFF】 strymon 【プロご用達!調定番のリバーブペダル!】【エフェクター】【ストライモン】【ブルースカイリバーブ】【新宿店】 Reverb blueSky /-エフェクター




blueSkyにはクラシックなスプリング愛好家からスタジオ・ラック・ファンまで満足させるモジョなサウンドがふんだんに詰まっています。
従来のリバーブモードに加え、美しくクリエイティブなサウンドを生むシマリング・モードは、リバーブディケイ中に原音のオクターブアップを繰り返し追加する効果。
純粋な倍音だけの美しいシンタイプのサウンドが得られます。

主な特徴
・リバーブの代表的なplate、room、spring アルゴリズムを搭載:各アルゴリズムに対応するnormal、mod、shimmer(シマー)の3モード
- mod(モッド)モード:モジュレーションが効いた美しいリバーブ・サウンドが得られます。
- shimmer(シマー)モード:リバーブ・ディケイ中に原音のオクターブアップを繰り返し追加する効果。純粋な倍音だけの美しいシンタイプのサウンドが得られます。リバーブ・アルゴリズムによって異なる倍音成分が再生されます。
・PRE-DELAY、HIGH DAMP、LOW DAMP:独立したPRE-DERAY コントロールと、HIGH DAMP&LOW DAMP(ダンピング)コントロールによって、リバーブの音色調整を自在に行なうことができます。
・アナログ・ドライ・ミックス:入力信号(ギター信号等)はAD変換されず、アナログのままディレイ信号とミックスされます。アナログ信号パスは、内部で昇圧されたアナログ専用電源を用いた高級HiFiレベルのミキサー回路が採用されていますので、原音が損なわれません。
・超低ノイズ&ハイパフォーマンスの24-bit 96kHz A/D&D/Aコンバーターを採用:高速&高性能のDSP回路をコンパクトなペダルに収納しました。
・電子リレースイッチングを用いたトゥルー・バイパス仕様:バイパス時にエフェクト音を残すバッファード・バイパスに切換える事も可能です。また、エフェクト時の信号レベルを+/- 3dBの範囲で調整することも可能です。
・ステレオIN ステレオOUT:入出力には、モノラルのアンバランス端子が、左チャンネル、右チャンネル用にそれぞれ用意されています。ギター用のステレオ・エフェクターとしてはもちろん、+4dBの信号にも対応しておりますので、ミキサー卓のインサートに接続してラック型エフェクターと同様に使用することができます。
・FAVORITE(お気に入り)フットスイッチ:スイッチを長押しすると、コントロールノブのセッティングがメモリーにセーブされます。フットスイッチをオンにしてLEDが点灯すると、以前に保存されたパラメーターが呼び出されます。

・軽量、堅牢なアルマイト処理アルミシャーシを採用
・専用パワーサプライ付属
・Made in USA

スペック&仕様
・入力インピーダンス:1MΩ
・出力インピーダンス:100 Ω
・S/N比:115dB
・周波数特性:20Hz~20kHz
・最大入力レベル:+8dBu
・A/D & D/A性能:24bit、96kHz
・DSPパフォーマンス:1596 Mega FLOPS
・バイパス:トゥルー・バイパス(出荷時)、バッファードに切り替え可能
・入力電圧:9VDC センターマイナス、250mA
・付属品:専用パワーサプライ
・サイズ・重量:102mm(幅)×117mm(縦)×67mm(高)※突起部含む / 450g

メーカー1年保証付属

記事全文

【50%OFF】 strymon 【プロご用達!調定番のリバーブペダル!】【エフェクター】【ストライモン】【ブルースカイリバーブ】【新宿店】 Reverb blueSky /-エフェクター

優れたユーザーエクスペリエンス(UX)を提供して支持を得るには、リサーチが欠かせません。

【送料無料】 医学領域における臨床検査学入門 第4版 / 藤田保健衛生大学 【本】。[さらに詳しく

【50%OFF】 strymon 【プロご用達!調定番のリバーブペダル!】【エフェクター】【ストライモン】【ブルースカイリバーブ】【新宿店】 Reverb blueSky /-エフェクター

Webサイトは、訪問者を顧客に変えるため、信頼を確立し、信用に足るものだと示す必要がある。その、ユーザーがWebで信頼性を判断する方法は、デザインのトレンドが変化しようともずっと変わっていない。 (8月3日) [記事全文

【50%OFF】 strymon 【プロご用達!調定番のリバーブペダル!】【エフェクター】【ストライモン】【ブルースカイリバーブ】【新宿店】 Reverb blueSky /-エフェクター

「HCDベストプラクティスアウォード2016」の最終審査会と表彰式が行われた。その時に疑問に思ったのは、そもそもUCDやHCDについて、最優秀賞とか優秀賞とか、順位づけをすることに意味があるのだろうか、という点である。 (7月14日) [記事全文