【同梱不可】 Custom24 / Smith Reed 【中古】Paul 10Top 【名古屋栄店】 1995 Purple-エレキギター










1995年製、PRSらしい端正なトップながらも、褪色とナチュラルなエイジングで貫禄を感じさせる、お買い得なパープルカラーのカスタム24が入荷しました!
ボディトップには往年のPRSらしい細身の端正なフィギュアドを持つ10トップグレードのメイプルを採用。ボディバックはマホガニーでナチュラルバインディングを境に塗りつぶしのブラックカラーで仕上げられております。ネックはマホガニーで、ネックシェイプは『WideThin』と思われ、24フレットモデルらしくハイポジションで高いプレイアビリティを誇ります。PUは90年代後半に一世風靡した『Vintage Bass&HFS』のコンビネーション。コントロールは5wayロータリーSWから3wayトグルスイッチ仕様に変更されており、トーンポットをプルする事により両PUのコイルタップを可能としております。カラーリングはパープルカラーと思われ、褪色し味わい深さを感じさせてくれる内容となっております。ストラップピンがシャーラーのロックピンタイプに交換されており、メス側は欠品しております。裏パネルが取り払われて欠品しております。また入荷時に純正のナットに交換しております。またコントロール変更時にノブ・ポットが交換されております。
ボディには拭きキズ、スリキズ、線キズ、打痕があります。両PU間に1弦側に細かいピッキングキズがあります。ボディ外周エッジ部分には塗装剥がれがあり、またほんの薄らですが白濁しております。ボディ全体に打痕があり、ブリッジ下部に多めにあります。ボディサイドジャック脇に豆粒大の打痕がドンとあり、その脇にも大小様々な打痕があります。ボディエンドのストラップピン両脇に線キズ・打痕がが多数あります。ボディバックにはバックルキズが全体的にあり、打痕や線キズ・スリキズが多数あります。ネック裏1F3弦に米粒大の打痕があります。ネック裏は全体的に小さな打痕や線キズ・スリキズが多数ありますが、大きくプレイに影響するものはありません。ヘッド裏6弦ペグ取り付け時の締め付けで塗装クラックが発生しております。ヘッド裏には小さな打痕があります。ヘッド周りには打痕やスリキズ・線キズ・塗装剥がれがあります。リアPUのボビンがピッキングによって弦が当たり削れております。ブリッジサドル3・4・5・6弦部分が使用によりメッキが落ちております。ネックコンディションは問題なく、トラスロッドでの調整も十分可能です。フレットには弦跡等は無く残りは8割程です。現状弦高は12F6弦側で約2.0mm、1弦側で約1.5mmとなっております。
全体的には使用感・ダメージはかなり多めで決して多くの方が求めるキレイな個体とは言えません。但しギターとして使用する部分は問題がなく、特にネック周りはしっかりしており他王道ブランドとは格段の差をみせてくれます。そのサウンドも王道のマテリアルとPUコンビネーションで多くのPRSふぁんにとってなじみのあるサウンド!褐色・白濁もPRSにはよく見受けられますが、トランパスグリーンが若者に新たな価値観で受け入れられている現実もあり、『使い込んだPRSもカッコイイ』が認知されればと思います。95年製で少し古めですが新品にはない存在感で魅了してくれます!
【ネックコンディション】問題なし【トラスロッド】調整可能です。【フレット残り】8割程度【生産国】USA製【ケース】純正ハードケース【付属品】トレモロアーム
■商品ランク:B+■シリアルナンバー:521660■重量: 3.62kg■保証:12ヶ月

商品状態等ご質問はお気軽にお問い合わせ下さい!
※中古商品の場合画像では判断しにくいキズや打痕がある場合がございますことを予めご了承下さい。
※店舗販売も行っている関係上タイムラグにより売約もしくは在庫切れになっている場合がございます。

記事全文

【同梱不可】 Custom24 / Smith Reed 【中古】Paul 10Top 【名古屋栄店】 1995 Purple-エレキギター

Webサイトは、訪問者を顧客に変えるため、信頼を確立し、信用に足るものだと示す必要がある。その、ユーザーがWebで信頼性を判断する方法は、デザインのトレンドが変化しようともずっと変わっていない。 (8月3日) [記事全文

【同梱不可】 Custom24 / Smith Reed 【中古】Paul 10Top 【名古屋栄店】 1995 Purple-エレキギター

「HCDベストプラクティスアウォード2016」の最終審査会と表彰式が行われた。その時に疑問に思ったのは、そもそもUCDやHCDについて、最優秀賞とか優秀賞とか、順位づけをすることに意味があるのだろうか、という点である。 (7月14日) [記事全文