[定休日以外毎日出荷中] 450錠(150錠×3) ハイシーBメイト2 【第3類医薬品】武田薬品タケダ-第三類医薬品


【商品名】
ハイシーBメイト2(薬効分類:ビタミンB2B6主薬製剤)(第3類医薬品)

【剤形】
錠剤

【効能】
1. 次の諸症状の緩和
 ○肌あれ、にきび
 ○湿疹、皮膚炎、かぶれ、ただれ
 ○口内炎、口角炎、口唇炎、舌炎
2. 次の場合のビタミンB2 B6 の補給
 ○肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時
「ただし、上記1の症状について、1ヵ月ほど使用しても改善がみられない場合は、
 医師または薬剤師に相談すること。」

【用法・用量】
次の量を、水またはお湯で、かまずに服用すること。

年  齢 1回量 1日服用回数
成人(15歳以上) 2錠1 回
7歳~14歳 1錠
7歳未満 服用しないこと

【用法・用量に関連する注意】
(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)用法・用量を厳守すること。
(3)1日1回、いつ服用してもかまいません。

【成分・含量】2錠(成人の1日服用量)中
成   分 含 量
ビタミンB2(リボフラビン) 30mg
ビタミンB6(塩酸ピリドキシン) 100mg
ビタミンC (アスコルビン酸) 150mg
L-システイン 60mg
ニコチン酸アミド 60mg
ビオチン 75μg

添加物として
    ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、セルロース、
    ヒドロキシプロピルメチルセルロース、エリスリトール、
    マクロゴール、酸化チタン、アラビアゴム、タルクを含有する。

【成分に関連する注意】
本剤の服用により尿が黄色くなることがありますが、
ビタミンB2(リボフラビン)によるものなので心配ありません。

【使用上の注意】
1.次の場合は、直ちに服用を中止し、商品添付文書を持って医師または薬剤師に相談すること
(1)服用後、次の症状があらわれた場合
・関係部位→皮 ふ:症状→発疹
・関係部位→消化器:症状→胃部不快感、悪心・嘔吐、腹痛
(2)1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合
2.次の症状があらわれることがあるので、
このような症状の継続または増強が見られた場合には、
服用を中止し、医師または薬剤師に相談すること
・下痢、口の渇き

【保管及び取扱い上の注意】
(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)。
(4)ビンの中の詰め物は、フタをあけた後はすてること
(詰め物は、錠剤が輸送中に破損するのを防止するためのものであるが、
湿気を含み品質が変わるもとになる)。
(5)服用のつどビンのフタをしっかりしめること(吸湿し品質が変わる)。
(6)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。
(7)箱とビンの「開封年月日」記入欄に、ビンを開封した日付を記入すること。
(8)一度開封した後は、品質保持の点から、開封日より6ヵ月以内に服用すること。

【お問い合わせ先】
こちらの商品につきましては、当店(ドラッグピュア)または下記へお願い申し上げます。
武田薬品工業株式会社 ヘルスケアカンパニー「お客様相談室」
103-8668 東京都中央区日本橋二丁目12番10号
電話 03-3278-2430
受付時間:9:00-17:00(土、日、祝日を除く)

広告文責:株式会社ドラッグピュア
神戸市北区鈴蘭台北町1丁目1-11-103
TEL:0120-093-849
販売会社:武田薬品工業株式会社
540-8645 大阪市中央区道修町四丁目1番1号
製造販売元:武田ヘルスケア株式会社
620-0853 京都府福知山市長田野町2丁目21番地
区分:第3類医薬品
文責:登録販売者 松田誠司


関連商品
腸管免疫の活性に
おなか快適!

機能性乳酸菌
LG-DP-EX
乳酸菌1200億個含有
自己免疫の調整に

機能性乳酸菌
1200億カプセル
記事全文

[定休日以外毎日出荷中] 450錠(150錠×3) ハイシーBメイト2 【第3類医薬品】武田薬品タケダ-第三類医薬品

Webサイトは、訪問者を顧客に変えるため、信頼を確立し、信用に足るものだと示す必要がある。その、ユーザーがWebで信頼性を判断する方法は、デザインのトレンドが変化しようともずっと変わっていない。 (8月3日) [記事全文

[定休日以外毎日出荷中] 450錠(150錠×3) ハイシーBメイト2 【第3類医薬品】武田薬品タケダ-第三類医薬品

「HCDベストプラクティスアウォード2016」の最終審査会と表彰式が行われた。その時に疑問に思ったのは、そもそもUCDやHCDについて、最優秀賞とか優秀賞とか、順位づけをすることに意味があるのだろうか、という点である。 (7月14日) [記事全文