衝撃特価 サウンドブラスター クリエイティブ・メディア PCIe SB-Z Z Blaster Sound-サウンドカード



★ クリエイティブ・メディア サウンドブラスター PCIe Sound Blaster Z SB-Z (SBZ)

特徴・機能 どんな商品?
発売日:2012年10月下旬
PCIe Sound Blaster Zシリーズのベーシックモデルで、ハイパフォーマンスなPCゲーミング&エンターテインメントオーディオを!
PCIe Sound Blaster Zは、上位モデルのテクノロジーとパフォーマンスを継承しながら、PCゲーミングとPCエンターテインメントに向けたシリーズベーシックモデルです。
付属のSound Blaster BeamformingマイクロフォンとCrystalVoiceテクノロジーにより、Skypeなどの音声チャットやゲーム内チャットなどでクリアかつ快適なボイスコミュニケーションをお楽しみいただけます。


【Sound Blaster Zシリーズ共通の機能と特徴】
■全世界4億人以上が使用しているSound Blasterシリーズ
■クアッドコア オーディオ&ボイスプロセッサーSound Core3D
■SBX Pro Studioテクノロジーで迫力のPCエンターテインメント
■CrystalVoiceテクノロジーでさらにクリアで快適なボイスコミュニケーション
■24bit/ 192kHzステレオダイレクト出力モード
■デジタルケーブル1本でホームエンターテインメントシステムに接続
■「スカウトモード」でゲーム内の動きをサウンドでハイライト
■最高600Ωインピーダンスのヘッドホンも駆動可能な独立したヘッドホン出力

【PCIe Sound Blaster Zの主な特徴】
●オーディオ リアリズム
カード上に高品質なDAコンバータを搭載、カード実測値でS/N比116dBという低ノイズなオーディオ環境を構築できます。強力なSound Core3Dプロセッサーに統合されたSBX Pro Studioテクノロジーにより、音楽鑑賞や映画鑑賞、ゲームなどPCエンターテインメントで高品質な次世代オーディオをお楽しみいただけます。
●先進的なホームエンターテインメントオーディオ
アナログ入力端子および最大5.1チャンネルに対応したアナログ出力端子には音質劣化の少ない金メッキ端子を採用。さらにカード上に光デジタル入出力端子も搭載し、Dolby Digital LiveまたはDTS Connectエンコード機能によるデジタル伝送や、外来ノイズの影響を受けにくい高音質録音が行えます。Sound Blasterオーディオの先進的なクオリティとパワーをホームエンターテインメントで体験してください。
●Sound Blaster Beamformingマイクロフォン付属
CrystalVoice Focus機能と組み合わさることで、マイクの集音範囲をコントロール可能。範囲外の音を遮断しますので、あなたの音声を確実にピックアップしてチャット相手に伝達します。また、Acoustic Echo Cancellation機能やNoise Reduction機能など、様々なCrystalVoiceテクノロジーでさらにクリアで快適なボイスチャットが行えます。
●EMIシールド
デジタルノイズから回路上のアナログ経路を保護するEMIシールドを採用。



サウンドブラスター PCIe Sound Blaster Z SB-Z商品情報
外形寸法約125mm×111mm(スロット部含む)
重量約208g
インターフェイスPCI Express×1
必要CPUIntel Core 2 Duo、または同等のAMDプロセッサー2.2GHz以上
対応OSMicrosoft Windows 8(32-bit、または64-bit)、Windows 7(32-bit、または64-bit)
必要メモリ1GB以上のシステムメモリー
必要HDD空き容量600MB以上
付属品Sound Blaster Beamformingマイクロフォン、クイックスタートガイド、インストールCD


記事全文

衝撃特価 サウンドブラスター クリエイティブ・メディア PCIe SB-Z Z Blaster Sound-サウンドカード

Webサイトは、訪問者を顧客に変えるため、信頼を確立し、信用に足るものだと示す必要がある。その、ユーザーがWebで信頼性を判断する方法は、デザインのトレンドが変化しようともずっと変わっていない。 (8月3日) [記事全文

衝撃特価 サウンドブラスター クリエイティブ・メディア PCIe SB-Z Z Blaster Sound-サウンドカード

「HCDベストプラクティスアウォード2016」の最終審査会と表彰式が行われた。その時に疑問に思ったのは、そもそもUCDやHCDについて、最優秀賞とか優秀賞とか、順位づけをすることに意味があるのだろうか、という点である。 (7月14日) [記事全文