人気定番 ACE1940 【25日23:59まで!2エントリー・カードでポイント20倍】 ハローキティ コラボモデル KITTY エース×HELLO 日本製 ファスナータイプ 機内持ち込み可能 (33L) 04011 スーツケース-スーツケース・キャリーバッグ








ACE|ACE1940
品名ACE1940 ハローキティ コラボスーツケース
品番04011(01:ブラック、06:ホワイト、07:ピンク)
サイズ内寸:約H48×W36×D23cm(キャスター、ハンドル部を除く本体寸法)
外寸:約H54×W38×D23cm(ハンドル・キャスターなどを含む最も外側の寸法)
※3辺合計115cm以内。機内持ち込み可(100席以上の航空機に対応/各航空会社により規定が異なる場合があります。詳しくはご利用の航空会社にお問い合わせください。)
重量約3.0kg
容量約33L
日数1~2泊程度
素材ポリカーボネイト
TSAロック(ダイヤル式のため鍵は付属していません)
詳細鞄のエースから、創業75周年を記念したハローキティとのコラボレーションモデルが登場!“ACE1940”のレトロかわいいデザインと世界で愛される“HELLO KITTY”がコラボしたキュートなスーツケースです。
マットな材質と丸みをおびた美しいシルエットに、キティちゃんのワンポイントが可愛い大人にも使いやすいシンプルなデザイン。ファスナーを開けると、白地にキティちゃん柄の賑やかな内装がとってもキュート。荷物を押さえるのに便利なクロスベルトとファスナーポケット付き内装仕切り幕を装備。ふた側にはファスナー式収納スペースを採用し、化粧ポーチなどを入れておくと、スーツケースの開閉時に落とすことがなく便利です。MADE IN JAPAN
備考※商品購入時は施錠されていません。鍵穴部分のでっぱりを矢印方向(ダイヤル方向)にスライドさせるとファスナー引き手が外れます。ダイヤル式ナンバーロックのため、鍵は付属していません。TSAの鍵穴は空港職員が使用する為のものです。

※商品の仕様変更について

メーカー側で予告なく細部のデザイン変更を行う場合がございます。入荷時期の違いにより、写真と仕様が異なる製品をお届けする場合がございますが、仕様のご指定、仕様の違いによる返品や交換には対応いたしかねます。ご了承ください。


⇒ 海外旅行はもちろん、国内旅行や日常でも役立つ書籍をプレゼント!
記事全文

人気定番 ACE1940 【25日23:59まで!2エントリー・カードでポイント20倍】 ハローキティ コラボモデル KITTY エース×HELLO 日本製 ファスナータイプ 機内持ち込み可能 (33L) 04011 スーツケース-スーツケース・キャリーバッグ

優れたユーザーエクスペリエンス(UX)を提供して支持を得るには、リサーチが欠かせません。

【モレスキン バッグ】ポイント10倍 モレスキン MOLESKINE クラシックバーチカルデバイスバッグ マスタードイエロー(623689)(5180496)【デバイスバッグ リュック バックパック バッグ メンズ レディース カバン おしゃれ ビジネス 大人】。[さらに詳しく

人気定番 ACE1940 【25日23:59まで!2エントリー・カードでポイント20倍】 ハローキティ コラボモデル KITTY エース×HELLO 日本製 ファスナータイプ 機内持ち込み可能 (33L) 04011 スーツケース-スーツケース・キャリーバッグ

ケイトスペード KATE SPADE バッグ リュックサック PXRU7648 071 Black/Clotted Cream 【Watson Lane】 hartley記事全文

人気定番 ACE1940 【25日23:59まで!2エントリー・カードでポイント20倍】 ハローキティ コラボモデル KITTY エース×HELLO 日本製 ファスナータイプ 機内持ち込み可能 (33L) 04011 スーツケース-スーツケース・キャリーバッグ

Webサイトは、訪問者を顧客に変えるため、信頼を確立し、信用に足るものだと示す必要がある。その、ユーザーがWebで信頼性を判断する方法は、デザインのトレンドが変化しようともずっと変わっていない。 (8月3日) [記事全文

人気定番 ACE1940 【25日23:59まで!2エントリー・カードでポイント20倍】 ハローキティ コラボモデル KITTY エース×HELLO 日本製 ファスナータイプ 機内持ち込み可能 (33L) 04011 スーツケース-スーツケース・キャリーバッグ

「HCDベストプラクティスアウォード2016」の最終審査会と表彰式が行われた。その時に疑問に思ったのは、そもそもUCDやHCDについて、最優秀賞とか優秀賞とか、順位づけをすることに意味があるのだろうか、という点である。 (7月14日) [記事全文